01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

午後にうねりが 

2月13日(火)

晴れ 気温8℃ 水温13~14℃ 透明度20~30m 良好のちほぼ良好

快晴。西風ビュービューで海況はベタ凪の良好。昼頃から風向きが甘くなったのか、うねりが回り込んでくるようになりました。
水温が遂に13℃台を表示。まだまだ西風が続きそうなので、今後もまだ下がるかもしれませんねー。

1802132.jpg

ホウセキハタの子供が健在でした。どうも安定して見れそうな感じです。先日がっつり撮ったので、今日は確認だけして退散してきましたー。

1802133.jpg

アヤメカサゴの子供
サイズ的に去年生まれた個体でしょうね。そういえば、ぼちぼち極小チビが出てくる季節ですねー。そのうち探しに行ってみます。

1802131.jpg

ミエコさんにイズオコゼ2個体を教えて頂きました。いずれも黒っぽいヤツでした。
先日見つけた白っぽいのと場所がほとんど一緒だったので、かなり良い雰囲気です。最低でも3個体いるという事になりますが、まだまだ見つかりそうな予感。


[edit]

西風が 

2月11日(日)

晴れ 気温13℃ 水温14℃ 透明度12~20m 潜水注意

今日も素晴らしく暖かな一日でした。前線通過に伴ってうねりが入ってきまして、海況は潜水注意。久し振りにスタッフがエキジット口に立ってましたね。昼から西風ビュンビュン予報で一気に収まるのを期待していたら、吹き始めたのは潜り終わった後って、ちょっと何それ@@

1802111.jpg
             Photo by せーのM様

昨日見つけたクロオビスズキを狙っていきましたが、あえなく撃沈。やっぱ二日続けて同じ場所で見れないんですよねぇ、あのサカナ。なかなか壁を破る事ができませぬ@@

ヒョウモンダコ
色々と過酷な状況下で撮る羽目になってしまいましたけど、筋肉でゴリ押しして攻めきって頂きました。ナイス@w@

1802112.jpg
             Photo by せーのM様

テングダイ。合計で3個体いました。
これを見ると冬って感じがしますー。

1802113.jpg
            Photo by せーのM様

イズオコゼって実に久々に見た気がします。ちょっとまだ時期が早いのですが、コイツが当たり年の予告であることに期待してしまいますー。


[edit]

ベタベタ~ 

2月10日(土)

晴れのち曇り 気温14℃ 水温14℃ 透明度20~30m 良好

陸は春を思わせる暖かさでした。西風ビュービューで海況はベタベタの良好。透明度も絶好調でしたねー。

1802101.jpg
             Photo by せーのM様

サンゴアマダイsp.の二階建てキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
思い通りに誘導できた訳ですが、こんなにあっさり撮って頂けるとは思ってもみませんでした@@

1802102.jpg
             Photo by もん様

先週留守だったマダラハナダイも何事もなかったかのように定位置に戻ってました。これだけ大きくなると行動範囲も広くなるようですねー。
てか、↑もさりげなく二階建てになってますね@w@;

[edit]

ギリギリ14℃ 

2月9日(金)

晴れ 気温8℃ 水温14℃ 透明度20弱~25m ほぼ良好

うっすらとうねりがありましたけど気にする程でもなく、海況はまずまず良好といった様子でした。水温がガツンと下がってまして、ほとんどの時間帯で14.0℃という危うい数字が出てました@@; ここから少しでも下がったら、コンピュータを手で覆い隠します。はい。

1802092.jpg

この期に及んで新規でシロボシスズメダイのチビが見つかりました。
まぁ越冬もする種なので驚きはさほどありませんが、成魚までは行けないというのが切ない所です。

1802091.jpg

敢えて午後にサンゴアマダイsp.を狙っていきました。
予想通りいましたねー。相当離れた所にw 午後は引っ込むのではなく、むしろ活性が上がってビュンビュン行っちゃうようですね。謎が解けた気がしましたよ。一番撮りたかったアングルを押さえられたので、個人的にはひとまず完結かなー。

[edit]

ベタ凪 

2月6日(火)

晴れ 気温6℃ 水温15℃ 透明度20~30m 良好

快晴ベタ凪。水温は昨日より若干落ちたものの、15℃台はキープしてました。海況が落ち着いたせいか水の白っぽさが取れて、久し振りに青々と抜けてました。

1802061.jpg

サンゴアマダイsp.を徹底的に攻めてきました。
思ってた以上に行動範囲が広いですね。もしかしたら午後でも離れた所で見れるのかも@@ 周りのハナダイ達と同じようにメッチャ活性が高くドヤ顔で泳ぎ回ってますけど、この位の水温は全然問題ない種なんですかね?

1802062.jpg

んで、こっちが若干大きい方の別個体。微妙に鰭などの色味が濃く、やっぱ大きい方が発色が良いみたいです。2個体同時に比較した事など過去に当然ないので、なかなか興味深いです。
それぞれが好き勝手に泳ぎ回っていて、とてもペアなんて呼べる状態ではありませんが、このまま長期的に観察できたら面白い事になるかもしれませんねー@p@


[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ