FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

ポカポカ 

1月29日(火)

晴れ 気温11℃

春のようなポカポカ陽気の一日でした。
腰を痛めてしまい休養中ですが、もう少しで復帰できそうです@@

[edit]

初雪 

1月26日(土)

晴れ時々曇り 気温9℃ 水温15℃ 透明度15~20m ほぼ良好

2本目をエキジットしたら雪がチラついていてビックリしました。思わぬ時に今年の初雪を拝んでしまいました(´人`)
海況はほぼ良好。予想していたよりもけっこうザブザブしてたんですけど、帰る時にはベタ凪でしたって、ちょっと何それ。
水温は15℃台に突入。透明度も若干落ちた様子でした。

1901261.jpg
             Photo by やなぎ様

何故だか冬場になると色が揚がるスジハナダイ
しかも今日のはずーっと鰭全開でして、こういった事を即座に理解してしっかり撮る人って凄いと思います@@

1901262.jpg
             Photo by やなぎ様

いつものイロカエルアンコウ
頬っぺたがたまりませんな。今が一番可愛い時期かも。

[edit]

絶好調 

1月22日 (火)

晴れ 気温9℃ 水温16℃ 透明度20~30m 良好

 快晴ベタ凪。今日も絶好調でした。晴れてれば陸は休憩中もポカポカですねー。

1901221.jpg

ゴマフキンチャクフグがやっと撮れました。
入り江は通年温かい湧き水が出てるのでこの辺だけは水温が高いんですよね。冬場は南方種にとっては楽園に違いない@w@
普段は湧き水との温度差で視界がモヤモヤなのですが、何故だか西風の強い日はモヤが解消されてよく見えるんですよ。

1901222.jpg

ツマジロオコゼはオクリダシの湧き水コーナーで元気そうでした。こうした水温の高い箇所が幾つかあり、ここに居ついてるサカナは皆ヌクヌクしてますー。

[edit]

西風ビュービュー 

1月20日(日)

小雨のち晴れ 気温14℃ 水温16℃ 透明度20~30m 良好

まさかの西風ビュービューとなりまして、海況はベタ凪の良好。水面は鏡のように真っ平らでした。とても良い週末を過ごせましたー。

1901201.jpg
             Photo by いのうえ様

ゲストが自分で見つけてたシテンヤッコ
ここまで育ってるのって中々見れないんですよねー。めっちゃ太ってるし。これは呼んでほしかったっす@@

1901202.jpg
             Photo by やーた様

イロカエルアンコウが頑張ってますねー。
発見時と同じ場所で育ち続けてるって凄いですね。どのおサカナもこんな感じだったら、海中ネタだらけなんだけどなぁ。

[edit]

最高の一日 

1月19日(土)

晴れ 気温13℃ 水温16℃ 透明度20~30m 良好

終日快晴。気温は高く、海況はベタ凪の良好。これ以上ない最高の一日でした。
明日も静かな海が期待できそうですねー。

1901191.jpg
             Photo by なべぞー

年が明けてから、いままで見た事のなかった種が続々登場してまして、非常に細々とした内輪で激熱ムードです。
今日は↑なべちゃんが見つけたゴマフキンチャクフグの子供で大いに盛り上がりましたー@@v

[edit]

がっつり 

1月17日(木)

晴れ 気温10℃ 水温16℃ 透明度20~30m 良好

遂にがっつり水温が下がりまして、どこに行っても16℃台でした。それでもまだ高めですし、また盛り返すかもしれないので結構楽観的だったりします@@v
海況は良好でしたー。

1901171.jpg

ホシテンスの子供が良い成長ぶりを見せてます。育つと次第に深度が落ちていくのですが、この転石砂場でもう少し見続けたいです。
てか、何時になったらコイツの鰭全開が撮れるんだろう@@;

1901172.jpg

キツネアマダイもかれこれ半年近くになりますね。IOPではあまり見れない種なので、こういうド根性の持ち主の出現には実に感謝してます。まだ大きくなれますかねー?

1901173.jpg

年が明けてからウミウシ君の遭遇率の高い自分に戸惑いが隠せません。
底をよく見るようになった副産物と解釈すれば、良い兆候かもしれませんね@@

[edit]

昼間は東風 

1月16日(水)

晴れのち曇り 気温9℃ 水温16~17℃ 透明度20~30m ほぼ良好

昨夜から今朝方にかけての西風ビュービューの恩恵でベタ凪オープンとなりましたが、その後は東風に変わって少しバシャバシャした様子となりました。
相変わらず高水温が続いてまして、浅場は18℃近い数字が出ています。
げに恐ろしき黒潮パワーかな。

1901161.jpg

先日のベニハゼはまだ確認が必要ですが、ほぼ新種で間違いないようです。採集にご協力頂きました方々、ありがとうございました。

↑かれこれ一年間見続けているマダラハナダイ。素晴らしいサイズになりましたー。
同じ場所に新参の小さいのがずっと居たんですが、そういえば最近そいつを目にしてないのが気掛かりです@@

1901162.jpg

これは先日見たものですが、10cmもある毛深ボーボーウミウシ。でっけー。
ズンズンと直進してましたよ。進撃の海牛。
これ位の存在感があればウミウシも思わず撮ってしまうという自分に気付かされました@@


[edit]

風次第 

1月13日(日)

晴れ 気温10℃ 水温16~17℃ 透明度20~30m ほぼ良好?

快晴。この3連休はずっとナライがそこそこ強く吹く予報でして、海況の予想が難しいですね。今日もそんなに悪くはない感じでしたが、やはり風の強まる時間帯は相応にバシャバシャしてました。
うねりは無いので助かってますけど、明日も風次第でしょうねー。

1901131.jpg

何だこれー@@?

[edit]

一夜明け 

1月10日(木)

晴れ 気温12℃ 水温17℃ 透明度20~30m 良好

昨日のクローズから一夜明け、今日は実に穏やかな海況でオープンとなりました。水温が若干戻ってました。相変わらず黒潮が近いですねー。

1901101.jpg

とっくに消えたと思っていたアヤタスキベラが健在でした。7cmにまで育っていてビックラ仰天@@ だいぶ色気が増してましたねー。
ここまで大きくなるとそれなりに泳ぐようになってまして、以前とはかなり様子が違ってました。かなり頑張ったんですけど、結局一度も鰭全開を拝む事が出来ませんでした。複数人数で攻めて動きを止めないと厳しいかも。

1901103.jpg

こちらも7cmまで育ったハタタテハゼ。過去最高サイズを更新です。
さすがに寒いんでしょうね。出てる時が少ない上に、割とあっさり引っ込んでしまいます。何とかこの個体をかっちり撮りたいものです。

1901102.jpg

スカシテンジクダイが少数ながら群れで見れてます。
記録を見返したら、実に10年ぶりでした@@ 出そうで出ないんですよね。浅すぎて海況の良い日にしか見に行けませんが、また追ってみたいです。

[edit]

まったりと 

1月8日(火)

晴れ 気温12℃ 水温16~17℃ 透明度20~30m 良好

快晴ベタ凪。
正月明けでダイバーの姿はほとんど無く、まったりと長閑な空気に包まれた一日でございました。

1901081.jpg

ミチヨ大先生がホクトベラの子供を見つけたとの事で、すっかりお家芸となったストーキングを恥ずかしげもなく敢行したら、そこに消えたと思っていたヒオドシベラがぁぁぁぁ@w@
全長で6cmともなるとけっこう泳ぐんですよね。見つけにくい訳です。
前回はちょっと失敗してしまったのですが、今日はきっちり完結してきました。同じ相手に二度負けるわけにはいきませんので。
残念なのは遠すぎるという点。ここまで到達できる人の顔がなかなか思い浮かびません@@

1901082.jpg

んで、ホクトベラって・・・
よく考えたら以前散々撮ってるんですよね。それを思い出して一回シャッター切って終わってしまいました。IOPでは相当珍しいんですけどね、同じ場所にヒオドシベラが居ると、どうしてもアレですね@@;

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ