06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

空も海も 

7月30日(土)

晴れ 気温31℃ 水温17~24℃ 透明度12~25m ほぼ良好

朝から夕方まで雲一つない妥協なき 快晴。空を見上げても海を見下ろしても青一色なのでした(゚∀゚) 海況は問題なく良好。最高のダイビング日和でございましたー。

1607301.jpg
             Photo by むー

ムスメベラ。↑最強の発色を誇る雄です。正に天下無双。
この雄が産卵するシーンを押さえたいですねぇ。もう産卵時間が微妙すぎて狙いにくいのですが、その内に挑んでみるのもいいかも。

1607302.jpg
             Photo by むー

越冬したと思われるヒメテグリ雄が闘ってました。しかし、どんだけ周りを探しても雌の姿が見当たらないんですよね。こうなると、何で闘ってるの?って話になってくるんですけど@@;

1607303.jpg
             Photo by もん

3本目は今期恒例のキンギョハナダイの産卵
大きな浮遊物もなく、透明度にも恵まれてましたが、今日は流れがあってけっこう大変でした@@ それでも皆さん果敢に撮られてましたー。回数を重ねる毎に打率を上げてる感じですかね@w@




[edit]

真夏日~ 

7月29日(金)

晴れ 気温31℃ 水温23~25℃ 透明度12~15m ほぼ良好

久し振りの終日快晴、暑い真夏日となりました。海況はまずまず良好。午後になって冷水が上昇してきたようですが、昼過ぎまでは砂地に降りても水温は23℃と、安定した温かさでした。

1607291.jpg

オオモンハタツマグロハタンポをぱっくん。
大きな口で捕らえるまでは一瞬ですけど、ここから飲み込むのに異様に時間が掛かるんですよね。喉越しの良い餌なら胃に収まるのも早いんでしょうけど、とりあえず何でもかんでも喰い付いちゃうんだろうなぁ@@

1607292.jpg

ウルメイワシの群れが凄いですね。出くわす度に見入っちゃいます。ヒカリモノのこういう夏っぽい光景、大好きです@w@

[edit]

夏らしく 

7月28日(木)

曇り 気温27℃ 水温16~23℃ 透明度12~30m 良好

終日の曇り空。最近は暑すぎず過ごしやすい日が続いてます。海況は良好。浅場の透明度はまずまず良い感じ。下の方は夏らしく冷水が常駐してまして、1番の先端で16℃とか出てましたね@w@;

1607281.jpg

オビアナハゼの雄がめっちゃ闘ってました。繁殖期はまだ随分先のはずなんですけど、こんな時期に珍しいシーンでしたね。今期も早いうちから交尾が始まる予兆なんでしょうか@@

1607282.jpg

近場でハナタツが数個体集まってる場所があると聞いて、ちょっくら見せて頂きました。まだ産卵が続いてるんですねー。
定番の↑赤い個体をはじめ・・・

1607283.jpg

珍しい白い個体とかも。
白でこんなに大きいのは個人的には初めてでした。しばらく見れるといいですねー(゚∀゚)




[edit]

また25℃超え 

7月25日(月)

晴れ 気温27℃ 水温18~25℃ 透明度10弱~30m ほぼ良好

気温が上がりすぎず過ごしやすい一日でした。海況はまずまず良好。浅場の水温がまた25℃を超えてました。若干濁り気味でしたけど、まぁ仕方ないところでしょう。全体的に水が何層にも重なっていて、降りて行くほど徐々にキレイに抜けていく感じです。

1607251.jpg

同じ岩にアライソコケギンポが2匹いました。大きい方の個体はしっかり巣穴も確保してました。ここってシズミイソコケギンポコケギンポも住み付いてまして、何とも賑やかなコケギンポ団地になってます。

1607252.jpg

ホンソメワケベラの産卵は移動中に気にしてれば割とサックリ見れるので、何かのついでにやっつけてしまうのがクールでスタイリッシュ@w@

1607253.jpg

寒い時期はなかなか表に出てこないナンヨウミドリハゼも、けっこう目立つようになってきました。オクリダシでも見つかるので、探してみると面白いかもです。

1607254.jpg

余ったエアで恒例のクロホシイシモチの産卵を狙う訳ですが、今日は何だか思ってもみないタイミングで産んでしまったので少し焦りました。「もう5分以内に産むねー」位までは読めますけど、それ以上はなかなか見切りづらいです。まだまだ修行が足りませんわ@@;


[edit]

次第に良好 

7月23日(土)

曇りのち晴れ 気温26℃ 水温18~24℃ 透明度10~30m ほぼ良好のち良好

朝方はナライが強くて潜水注意でオープンとなりましたが、実際に潜る頃にはけっこう落ち着いてまして、至って普通に出入り出来ました。夕方は良い感じの凪ぎっぷりでした。少し降りると18℃の冷水エリアに当たりましたが、ウルトラブルーの世界が広がってました@w@

1607231.jpg

土曜日恒例のがっつり3本でした。
終わる時間が遅くなって、戻ってからの反省会も間々ならないバタバタなんですが、あと1ヶ月、やれるだけやってみたいですねー。
マクロなおサカナ達も急に増えてきて水中が一層賑やかになってます。また少しずつ紹介していきますね。
夕方は今回のお題もキンギョハナダイの産卵でした。写真はいつも通りの感じ、ビデオの方も果敢に撮影されてました。浅場の水温が高いので、いくらでも粘れるのが良いですねー(゚∀゚)

[edit]

朝まで豪雨 

7月21日(木)

曇りのち小雨 気温25℃ 水温19~23℃ 透明度12~15m 良好

昨夜は久し振りの豪雨でした。今日は予報よりも明るい空模様でして、午前中は時折晴れ間が覗くほど良い感じ。
海況は良好。浅場の水が白っぽい感じでしたが、先日までの大きな浮遊物が消えていたのでむしろ好印象でした。

1607211.jpg

イネゴチは春先によく見られるのですが、まだ砂地で数個体が居座ってますね。今日は割と近い距離で3匹が見つかりました。

1607212.jpg

今季初のモンツキベラのチビ
出るのが早いなー@@ 今後も次々に南のおサカナが見つかるとハッピーですねー。

1607213.jpg

最近スルーされがちになってきたオビテンスモドキ
模様は相変わらず変化無しですけど、体が大きくなって、少し体型が長くなったような気がします。泳ぎ方も落ち着いてきまして、今日は真っ直ぐに泳ぐ姿も見せてくれました。段々と普通のサカナになってきたようです@@


[edit]

漂流物 

7月19日(火)

曇りのち晴れ 気温30℃ 水温20~25℃ 透明度8~15m 良好

朝方は小雨が降ってましたが、昼前からピーカンとなり、普通に真夏日でした。
海況はベタ凪の良好。午前中は浅場の水温が22℃と、昨日と比べて3℃も落ちていてビックリしましたけど、午後にはまた25℃の潮が入ってきました。けっこう濁っててヘコみましたけど@@; 久し振りに下の方がキレイになってまして、1番の先端で15mくらい抜けてました。この調子で深場もキレイになってくれたら嬉しいですね。

1607191.jpg

午後に大量の漂流物が接岸しました@w@ 今期はこれで3度目ですか。IOPでは異例の出来事です。今後も期待しちゃいますねー。
今日はまた流れ藻だけでなく色んなゴミが漂ってましたが、1ℓの紙パックを見たら文字がハングルで書かれてましたw
ど、どんなルートでやってくるんだろう@@;; 
ハナオコゼやら何やら色々見つかった訳ですけど、今日は何と言っても↑トビウオ科の子供が大当たりでして、あちこちで物凄い数が見れました。
通常、IOPでは期待できない出物なので、皆で大はしゃぎでございました(゚∀゚)


[edit]

夏ですねー 

7月17日(日)

曇りのち晴れ 気温28℃ 水温19~22℃ 透明度10~15m ほぼ良好のち良好

今日も予報より良い天気となりました。すっかり夏ですねー。海況はほぼ良好。今日も少しうねりが入ってましたが、夕方にはほとんどベタ凪となってました。浅場の水温が22℃台と低めだったものの、夕方には25℃の潮が入ってきて、一気に今季最高水温を記録しました@w@

1607171.jpg
             Photo by むー

ナヌカザメ
完全に寝ぼけた様子でして、岩にゴチゴチ頭をぶつけながら泳いでました。そういえばナヌカって久し振りに見た気がします。

1607172.jpg
             Photo by むー

スジオテンジクダイの産卵。今期初めて狙ってみました。
そもそもそんなに個体数が多くないので、もうすぐ産みそうっていうペアを見つけるのが一苦労。以前から目を付けていたペア達が、いざ探してみると皆動いちゃってるっていう@@; それでも今日は良い場所で見つける事が出来たので、がっつり刺さって頂けました。

1607173.jpg
             Photo by むー

3本目は初心に帰ってクロホシイシモチの産卵を見に行きました。
1時間の潜水で4回見れたので、まずまずの結果。目標は5回でしたけど@@ 夕方になってくると水が濁ってくるのでちょっと大変ですが、しっかり撮りまくって頂けました。




[edit]

安定してます 

7月16日(土)

曇り時々晴れ 気温25℃ 水温20~24℃ 透明度12~15m ほぼ良好

天気は予報よりかなり好転しまして、晴れ間の覗く時間帯も割と多くて助かりました。海況はほぼ良好。今日も若干のうねりが入ってましたが、特に気にする程ではありませんでした。透明度は昨日と横ばいといった様子でしたが、今日は浅場にも浮遊物が目立ってましたね。

1607161.jpg

最終エキジット時間17:30ギリギリまでがっつり潜ってきました。
季節が進むにつれてキンギョハナダイの産卵時間もずれて来て、平日のエキジット時間では狙いにくくなって来ました。今日は予想した時刻に入ってみたら、ポイントに着いた途端にお祭り状態に産みまくり@p@ ビデオのゲストは初見との事でしたが、初めてでこの大産卵に当たるとは持ってますなー@@ グッサリ刺さってたら、あっという間に時間が過ぎてしまいましたー。


[edit]

少しずつ 

7月15日(金)

曇り 気温27℃ 水温20~24℃ 透明度12~15m ほぼ良好

どんよりした雲が立ち込む一日。海況はほぼ良好。うっすらとうねりが入ってましたけど、気にする程ではありませんでした。浅場の水温は余裕で24℃超え。随分と温かくなりましたねー。毎日少しずつですが透明度も回復傾向。-20mまではまずまずの抜け具合でした。その下は例によって物凄くグリーンな世界が待っていたので、それ以上は降りませんでした@@

1607151.jpg

ウミテングが思いのほか鉄板ですね。今のうちにスクスク大きくなってほしいです。IOPではあまり見れない種なので、少しでも長居しておくれー。

1607152.jpg

アマクサヨウジも普段はあまり見かけない種です。海藻に紛れて気付かないだけなのかな@@ 
浅場の水温がグングン上がってきてるので、そろそろオクリダシなんかでも南のおサカナが出そうですねー。







[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ