05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

良好 

6月30日(木)

曇り 気温24℃ 水温20~21℃ 透明度8m 良好

朝からずっと今にも降り出しそうな空模様が続きました。早く梅雨明けしませんかねぇ@@
海況は連日良好。潮がかなりの停滞気味でして、透明度が段々と落ちてきてます。水の色がうっすら緑っぽくなってきました。

1606301.jpg

ムスメベラの産卵時刻が段々とずれ込んできまして、少しずつ時間をずらして観察を続けてた訳ですけど、今日ようやく上手く時間修正する事が出来ました。通常のフィンダイブのタイムスケジュールでは狙いにくい時間になっちゃってますね。今までは長期の継続したデータが無かったので、今年は良い機会ですので、なるべく密に記録して来期以降に活かしたいものです。
キンギョハナダイなんかも随分と産卵の盛り上がる時刻がずれてきまして、昨日はゲストと時間を予測して入ったら正にビンゴ。こちらは久し振りに大当たりとなりました。

今日で6月も終わりなんですね。今月は各種産卵狙いで3本潜った日が多く、生態好きなゲスト諸氏にいっぱいお付き合い頂いたお陰で多くの成果が上がり、新たな足がかりなんかも掴めました。さて来月はどんな展開になりますかねー@@




[edit]

海を泳ごう 

6月26日(日)

薄曇り 気温28℃ 水温19~21℃ 透明度10~12m 良好

今日は「海を泳ごう2016」の開催日でした。
数日前までは心配していた海況、天候共に好転し、素晴らしい一日となりました。途中、波が高くて苦労した場所もありましたけど、さかなやチームは全員時間内に完泳(゚∀゚) 例年よりいっぱい多くのサカナが見れて、個人的にはとても面白かったです。

参加された方々、お疲れ様でしたー。
来年も泳ぎましょうねー@w@

[edit]

午後は凪~ 

6月25日(土)

曇りのち晴れ間 気温27℃ 水温18~19℃ 透明度10~20m 潜水注意のち良好

台風一過といった天候でした。吹き返しの南西風が朝から強く、海況は潜水注意でオープンとなりました。それでもうねりは時折回り込んでくる程度でして、時間と共に収まって行き、夕方はほとんどベタ凪となりました(゚∀゚)
夜のサラッとした強い南風の気持ち良い事!こんな夜は庭で飲むのもご機嫌ですねー@w@

1606251.jpg


今日はサンセットダイブがありました。
前回に続き本日も初サンセットのゲストが居ましたので、基本通りにヤマドリを見てきました。終わった後のゲストの感動っぷりがハンパなくて動揺しましたが、何回見てもこういう気持ちは忘れちゃいけないんですよねー。お陰様で初心に帰る事ができました@w@


[edit]

魅惑の流れ藻 

6月24日(金)

曇り 気温24℃ 水温19~20℃ 透明度10~15m 良好

梅雨らしい空模様でした。うっすらとうねりが入って来てましたけど海況は至って良好。
明日がなかなか悩ましい予報になってますね。最近は予報ほど荒れない傾向にあるので、明日もそのパターンで行ってほしいものです。

1606241.jpg

オクリダシ近辺に大量の流れ藻が押し寄せてきました。
完全に外海に面したIOPでは非常に貴重な出来事です。今日のはプラスチックのゴミやら流木やらまで混じってる、もう最高級に汚い流れ藻w 水面を見ただけでハァハァしちゃいました@p@
明日はもう消え去ってるものなので懸命にごみを掻き分けて捜索開始。
何だか見た事の無いヨウジウオの仲間が見つかりました。ところが岸壁にうねりが当たって一瞬視界が真っ白になってしまい呆気なくロスト。しばらく引きずりそうなほどショックでした><
↑後半に見つけたハナオコゼ
IOPでハナオコゼを見たのは何年ぶりだろう・・・。記録を見返したらちょうど10年ぶりでしたw アケボノハゼなんかよりよっぽど珍しいじゃないか@@
エア切れまで存分に流れ藻ダイブを楽しんだ貴重な一日でございました(゚∀゚)

 

[edit]

モヤモヤな一日 

6月23日(木)

雨のち時々晴れ 気温27℃ 水温18~20℃ 透明度10~20m 良好

午前中は鬼の豪雨@@; 正午を境に時折晴れ間が覗くほどの変貌振りでしたけど、梅雨の降り方じゃありませんでしたね、あれは。今日は海も荒れ模様かと思いきや、こちらはまったり良好。終わってみれば良い一日でしたね(゚∀゚)

1606231.jpg
             Photo by ざる様

午前中は定番のムスメベラの産卵を狙ったのですが・・・
予想以上に水中が真っ暗。それでも我慢しつつ待っていて、いよいよ始まるよ~って時になったら、冷水が一気に上がってきて辺り一面視界がモヤモヤに@@; もうこうなると手が出ませんね。今日は一日中このモヤモヤに悩まされる羽目になりまして・・・

1606232.jpg 
             Photo by ざる様

2本目は計画通りにオトヒメベラの産卵
「さっきより浅いからモヤモヤの心配もないよー」と言っていたら、今度はここまで冷水が上昇してきまして再び辺り一面モヤモヤ@@; 水が一気にキレイになるのは良いんですけど、どうせならもっと上まで行ってくれれば良いのに、何故だか僕らが居る所で停滞して激しいサーモクラインに包まれるんですよ。今日はオトヒメベラが産みまくりだっただけに悔しいです。
この18℃の潮にやられっぱなしでしたけど、もう少し下に行って来た人は「15って表示が出てた」って言ってました。15とか嫌すぎるので聞かなかった事にしました。

3本目はキンギョハナダイの産卵
「ここは浅いし空も晴れてきたのでイケイケだよー」って入ってみたら、嘘みたいですがここまで冷水上昇@@; -7mまで上がってくるのかw
もう笑うしかありませんね。モザイクで修正されたサカナ達がいっぱい見れた一日でございました。これに懲りずにまた挑んで下さいまし@@



[edit]

良好でした 

6月22日(水)

曇り 気温25℃ 水温18~21℃ 透明度10~20m 良好

日中は思いのほか割と良い天気でして、まずまずご機嫌な一日でした。海況も良好。やや荒れ模様を覚悟してましたが、とても潜りやすい今日のIOPでした(゚∀゚)

1606221.jpg
             Photo by やーた様

転石砂場にイサキ成魚が、かれこれ数週間居座ってます。何て事ないサカナですけど、けっこう珍しい事態です。いつも大量のアミに囲まれてまして、餌の中で生活してる感じでしょうか。これだけ毎日じーっとして動かなかったら、さぞや脂が乗ってる事でしょうなー@p@

1606222.jpg
             Photo by やーた様

今期おススメのムスメベラの産卵。今日も水中で時間調整して見て来ました。
2回目の産卵を見ようと待ってる時に、18℃の冷水がドワーッと上がってきまして、今期初ウェットのゲストも居ましたのでここで退却。心の準備が出来てないとシャレになりませんもんね、うん@@;

オクリダシではイナズマベラの産卵もポンポンと調子良く次々見れまして、産卵時間がルーズな種というイメージがありましたけど、今期は毎日ほぼ定時に産み始めてますねー。拍子抜けなほど簡単に見れますw

1606223.jpg
             Photo by やーた様

越冬したカシワハナダイ達。
去年は適度に入り組んだ所に落ち着いていたので見るのが楽でしたけど、今期は超オープンスペースに移動してまして、もう泳ぎまくりと言いますか、暴れん坊将軍と化してますよ@@; 現状では手が出しづらい様子ですので、何とかこの場所での攻略法を確立したいものです。


[edit]

産卵祭り 

6月18日(土)

晴れ 気温28℃ 水温19~21℃ 透明度8弱~12m ほぼ良好

梅雨の中休み、朝から素晴らしい快晴となりました。うねりはまだしつこく残ってたものの、海況はまずまずの良好具合。水中は浮遊物が増えてきまして、そろそろ沖の方から良い潮が入ってこないかなーと期待してしまいます。

1606181.jpg
             Photo by むー

今日は産卵大好きな方々のみとなりましたので、3本とも全て産卵狙いという珍しい産卵祭りの日となりました。
1本目はムスメベラ
例年ですと少し深い上に産卵時刻が微妙なために、今までほとんどゲストにお見せする機会が無かったんですよね。今期はとても浅ーい(゚∀゚)
今日はエントリー時刻もずらして完全な狙い撃ち。産卵自体は一回しか見れませんでしたが、気品溢れる雄の舞が大好評でした@w@ 実際に見ないとなかなか分からないのですが、ホントに美しいんですわー。

1606182.jpg
             Photo by もん

2本目はオトヒメベラ
過去に、こんなに水中が明るい日に観察した事が無かったので、雄はどんだけ活性が上がるんだろうと興味を持って行ったみたら、もう手が付けられないくらいハッスルしまくりでした@@ 泳ぎが速すぎて、後を追っていくだけで一苦労。皆でヒーヒー言いながら引きずり回されました@@; なので、4回目の産卵が始まる頃には皆で仲良くエア切れw あんなに本気のオトヒメベラって初めてでした・・・。

1606183.jpg
             Photo by もん

3本目はキンギョハナダイ
今日は大当たりでして、最初から最後までほとんどエンドレスで産みまくりのお祭り状態@w@ ものすごい光景でしたねー。皆様ほとんど初めてといった感じだったので、撮るタイミングを計るのに苦労してたようですが、こればっかりは場数を踏まないとなかなか難しいものなので、また挑んで下さいましー。

ホントに激熱な一日でございました(゚∀゚)




[edit]

思ったより 

6月17日(金)

晴れのち薄曇り 気温27℃ 水温20~21℃ 透明度8~12m EN/EX注意のち潜水注意

真夏のようなスッキリとした晴れ模様。今日は前線の影響でクローズすると読んでたんですけど、思ったより荒れずに済みました。途中からうねりの間隔が少し短くなりましたが、週末に影響は無いと思います。

ちょっとカメラの調子が宜しくないのでテキストのみで更新。
ムスメベラの産卵を見てきました。数年前にデータを取った時とほぼ同じ時間帯に産卵が始まりました。相変わらず本種雄の産卵行動時に見せる動作は美しい・・・まじまじ見せて頂きました。
今日の場所はエントリー口からかなり近い上に浅く、週末はダイバーでごった返しそうなので、土日の観察はちょっと大変かもしれませんね@@;

オクリダシではキタマクラの産卵が見れました。浅場はそれなりに揺れていたのでサカナ達も大変そうでした@@

[edit]

静かでした 

6月16日(木)

曇りのち小雨 気温23℃ 水温17~20℃ 透明度10~12m 良好

割と本気の雨予報が出てましたけど、日中は傘も必要ないくらいの小雨だったので助かりました。海況も良好。次第にうねりが大きくなるのを覚悟してましたが、うっすら入ってきた程度でして、至って静かな様子でございました(゚∀゚)

1606161.jpg
             Photo by ざる様

午前中はカワハギの産卵などを見てきました。
午後はオトヒメベラの産卵狙い。
水中が暗かったせいか産卵開始が早まっていたようでして、いつもの時間にエントリーしたら産卵は4回しか見られませんでした@@; しかも今日は少し流れも出ていまして、ポジショニングが定まらずゲストは苦労されていたようです。それでも逆境が多い中でよくぞ奮闘して下さいましたー。

1606162.jpg

3本目はキンギョハナダイの産卵狙いで。
オトヒメベラの産卵時間が早まっていたので一応早めに入ったら超ビンゴ。見始めて間もなく産卵開始となりました@w@
今日はかなり好調でして、エアが無くなるまで約80分間の間にかなりの産卵が見れました。卵を狙ってメジナがけっこう集まってきてましたけど、それだけいっぱい産んでたって証ですなー。

[edit]

落ち着きましたー 

6月15日(水)

おおむね曇り 気温23℃ 水温18~21℃ 透明度10~15m 良好

ようやく海況がすっきりと落ち着きました。透明度はまずまずの様子。この時期にしては十分じゃないかって位には見えてますねー。

1606151.jpg

浅場をざっと回ってカシワハナダイ達の様子など確認してきました。
オハグロベラ達があちこちで闘ってます。激熱バトルというのはなかなかありませんけど、今日のはまずまずの盛り上がりでした。でも今日はレンズが100mmって@@; 仕方ないので潔く諦めました・・・

1606152.jpg

今期初めて昼間にヤマドリの闘いを見ましたが、そこはもう海藻がボーボーのエリアでして、見づらいったらありゃしない@@
かなり熱い闘いだったんですけど、場所を変えてもらう訳にもゆかず、見るだけでも一苦労な様子でした。
何だか今日は全く完結できない一日でございました(´・ω・`)

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ