12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

大荒れ@@ 

1月31日(日)

曇り 気温9℃ 水温14~15℃ 透明度20~25m 潜水注意

昨日はナライビュービューで順当にクローズとなりました。
今日は開くだろうけどうねりは残るだろうなぁと思っていたら案の定、時間と共にうねりが増してきまして、午後はメチャメチャにハードコンディションとなってしまいました@@;
それでも透明度はかなりの好調ぶりでして、浅場は午前中で15m、午後には更に抜けてきて20mは見えてました。やっぱり冬場はこれ位は見えていて欲しいですねー。

今日はこれから出かけるので簡単ログで失礼しますー。

[edit]

終日雨 

1月29日(金)

雨 気温7℃ 水温15℃ 透明度12~15m 良好

朝からしっかり雨となってしまいました。今日はナライがそこそこ強く予報でしたが、実際はそれほど大したことなくて海況は至って良好。

遠路はるばるいらした方々のがっつりオーダー。海況とか濁りとか不安要素が多かったのですが、水中が暗かった事以外は良い感じで助かりました。ターゲットのイトヒキハナダイシロオビハナダイをしっかりと押さえて頂けたようで何よりです。今度は明るくて全貌が見渡せる時にご案内したいです@@

[edit]

横ばい 

1月28日(木)

晴れ 気温12℃ 水温15℃ 透明度12~15m ほぼ良好

今日も快晴。海況、水温共に昨日と横ばいといった様子でして、とても安定した感じでしたー。

1601281.jpg
             Photo by ざる様

今期の本丸はイトヒキハナダイがやたらと多いですね。去年子供が多かったから当然の結果なのですが、しっかり完結させるには今年はチャンスかもー。

1601282.jpg
             Photo by ざる様

ハナゴンベは相変わらずのシブさでして、水温が下がって出が一層厳しくなったように思えます@@ 狭いのでコンデジの方が撮れそうな感じ。

1601283.jpg
             Photo by ざる様


サザナミヤッコの子供がド根性を発揮して頑張ってます。もう見ていてもフラフラな様子でして、水中ヒーターでも持ち込んでやりたい気分ですよ。何とかならんかな@@


[edit]

ポカポカ~ 

1月27日(水)

晴れ 気温13℃ 水温15℃ 透明度12~20m ほぼ良好

久し振りに気温が10℃超え。ポカポカと暖かな一日でした。海況はほとんどベタ凪といった様子でしたが、時折何だか分からないうねりが回り込んで来てました。毎日透明度の変動が激しいですね。最近は冷たい潮の方が濁っているようです。

1601271.jpg

バラナガハナダイは健在ながらもさすがに色は揚がってませんね。でもその割にはピューっと逃げていくもんだから、結局まともに撮れないっていう@@;

1601272.jpg

ベニハナダイの小さいのがまだ頑張ってました。この時期にこのサイズは厳しいものがありますが、これ以上水温が派手に下がらなければ、まだまだ大丈夫そうです。

1601273.jpg

キマダラハゼがぼちぼち増えてくる時期ですねー。今期は例年に比べ見つかる場所が微妙に違うので、探すのがちと厄介です@@




[edit]

この1ヶ月で 

1月26日(火)

晴れ 気温6℃ 水温14~15℃ 透明度8~10m ほぼ良好

連日朝晩の冷え込みがハンパございませんね。早く夏にならないかなぁ@@
海況はまずまず良好。陸の寒さもそうですけど、水温の下がり方もすごいですね。この1ヶ月で5℃も落ちてます。年末年始までは高水温で喜んでましたけど、結局平年並みへと落ち着いてきました。この辺で一度止まってくれないかなー。

1601261.jpg

アカホシキツネベラの子供。今期2個体目です。水中が暗かったせいかメチャ眠たそうでした。もう少し大きいのが見てみたいので、今後の成長に期待。

1601262.jpg

これはオクリダシで見つかったキリンミノですが、サザナミヤッコなど南方種がまだまだ頑張ってます。一日でも長く持ち堪えられるよう応援してますぞ@@

[edit]

快晴 

1月25日(月)

晴れ 気温7℃ 水温15℃ 透明度10~12m 良好

快晴で海況良好。昨日は透明度が15mほどにまで回復してましたが、今日はまた少し後退してしまいましたね。早く冬場らしいスコーンと抜けた状態に戻って欲しいですねー。

1601251.jpg

今日はエントリーしてそのまま真正面に突っ込んでみました。
トビエイの子供。トビエイ自体久し振りに見ました。しばらく定着してくれると良いんですけど。

1601252.jpg

テンス成魚。ちらほら目にしますけど、なかなか寄らせてくれないんですよねー。25cmほどのサカナが一瞬で砂に潜るって、よく考えたら凄いな@@;

1601253.jpg

ヤンセンニシキベラはまだかなりの数が健在です。今期は大きく育った個体が多くて喜んでいたものの、動きが速すぎてなかなか撮れなかったんですけど、さすがにスローになってきて割と撮り放題w 折角なのでもう少し撮っておきたいです。

1601254.jpg

土曜日に見つけたスミツキハタの子供。隠遁性が強くてなかなか見つからないそうです。手持ちの図鑑を調べまくっても、生態写真が載ってるのは「日本産魚類」のみでした。改めて益田先生恐るべしと思いました@@;



[edit]

風波 

1月23日(土)

曇り時々晴れ 気温7℃ 水温15℃ 透明度10m 潜水注意

雪でも降るんじゃないかって微妙な予報でしたけど、かなり良い方向に外れてくれまして、それなりに晴れ間の多い一日となりました。
風向きがナライで海況は潜水注意が出てたものの、まぁ風波だったので見た目ほど出入りには特に影響ありませんでした。透明度は特に変わらずといった様子。陸海共に出ていた天気予報がアレだったせいか、今日はとても閑散とした雰囲気でしたねー@@

特に事件もなく通常運転で潜り終える雰囲気でしたが、最後の最後にスミツキハタの子供らしきものを見つけました。初めて見たので「何じゃコリャ@@?」ってビックリでした。写真が無いので、明日は紹介できると良いなぁ。




[edit]

良好 

1月21日(木)

曇り時々晴れ 気温7℃ 水温15℃ 透明度10~12m 良好

水面がややザワザワした様子でしたけど、海況自体は問題なく良好でした。透明度は朝は昨日と同じくらい見えてましたけど、午後になってまた少し落ちてしまいました。
今週末は今のところ海況に問題はなさそうですねー。

1601211.jpg

※昨日紹介しましたツルグエの子供はハナスズキ属の1種と訂正しておきます。ちょっと波乱含み@@

さて、↑先の3連休中にミエコさんに教えて頂いたハナゴンベ。今日久し振りに覗いたら健在でした。シャイな上に場所的に撮影がかなり困難でして、ネタとしては非常に厳しいんですけど、とても貴重な発見ですので消える前に紹介しておきます。

1601212.jpg

ものすごい浅い所にレンテンヤッコが居ました。こりゃ記録的だわ@w@ もう5cmくらいに育ってましたが、もしかしたらチビの頃からここに居たのかなー。完全に見落としてました。

1601213.jpg

数ヶ月間ペア状態を維持しているオクリダシのカンムリベラ。お粗末ながら今日初めてじっくり見てみたら、仲が良いのかと思ったら小さい方の個体がどつき回されてるって何それw 仕方なくここに居るだけらしいです@@;;






[edit]

じわじわと 

1月20日(水)

晴れ 気温9℃ 水温15℃ 透明度12~15m 良好

昨夜の冷え込みは尋常ではありませんでしたね。あまりにも寒くて、自分の体調が悪いのかと思ってしまいました@@;
今日は日中ポカポカ、風も昨日より弱まって良い感じでした。海況はすこぶる良好。じわじわと水温が落ちてきてますが透明度が少し持ち直してました。最近はブリマチ方面がやたらとニゴニゴだったのですが、今日はむしろこっちの方が良く抜けてて、根回りの浅場でも15mほどは見えてました。

1601201.jpg

ツルグエの子供
親はそこら中にいますけど子供は年に1~2個体見る程度。↑は年末に見つけたヤツで、普段は瞬殺系ですが今日はけっこうよく出てました。

1601202.jpg

このスジタテガミカエルウオもたしか年末にあたりに見つけたヤツです。丸出しになってたんですけど、↑証拠写真だけ撮ったらささーっと巣穴に引っ込まれてしまいました。元気そうで何よりです@@ 越冬する個体も少なくないので、まだまだ問題なさそうですねー。

1601203.jpg

モンツキアカヒメジはIOPでは比較的珍しいのですが、まぁこんなに育った個体も初めてでして、よくぞここまで大きくなりました。前は4~5匹で群れてたんですけどね、今日はこの1個体のみ。さすがにそろそろ厳しいのかなぁ?




[edit]

暴風 

1月19日(火)

晴れ 気温7℃ 水温16℃ 透明度10m 良好

色々と不具合があって海に出れませんでしたが、ようやく通常運転に戻りました。ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありません。

今日は予報通りに西風ビュービュー。快晴でしたがとてつもなく寒い一日でした。昨日の大荒れから一転して海況は良好。時折うねりが回り込んで来てましたが、午前中はほぼベタ凪と言って良いコンディション。午後から少し風向きが変わってチャポチャポした感じなったものの、出入りには特に影響ありませんでした。

1601191.jpg

最近は透明度がいま一つなので、少しでも良く感じる砂地で勝負しに行きましたが、これが裏目。ちぎれた海藻だらけで、もう訳分かんない状態@@; 仕方なく岩礁に撤退しましたが、このロスが痛すぎました。
ニラミギンポが鉄板どころか、いつ行っても全く同じ場所に着底してるという出来レース。固すぎて全く新鮮味が無いという@@

1601192.jpg
             Photo by やーた様

ヒメギンポがそこら中で産みまくってます。浅場で石をめくってるとカサゴの稚魚がいっぱい出来てまして、どちらも例年より早め。去年から全体的に繁殖期が前倒しになってるように感じますが、やっぱり水温の関係なんですかねー?

1601193.jpg
             Photo by やーた様

カンムリベラヤミテンジクダイ
これを並べる事が出来たら間違いなくプロ級@@





[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ