06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ヌクヌク 

7月31日(金)

晴れ気温31℃ 水温17~25℃ 透明度10~15m 良好

今日も波の音一つ聞こえてこないベタ凪なのでした。-2m以浅は25℃台のヌクヌクな潮が入ってまして、これが青くてなかなか良い感じ(゚∀゚) 久し振りに黒潮パワーを感じました。この潮がどんどん入ってきてくれると皆が幸せになれるー。

1507311.jpg

たぶんイボダイの稚魚じゃないかと思うのですが、ホストのクラゲの活きが良過ぎてバフバフ泳ぐんですよ。その周りをチョロチョロ泳ぐ5mmのサカナとか、何故か罰ゲームのようでした。適当な所でスルーすれば良かったのに、ムキになってとんでもないな時間を使ってしまいました。最後は心が折れましたけど、明日以降もクラゲがどんどん入ってくるといいなー。

1507312.jpg

毎年定番すぎるヤマシロベラですが、今年も出始めましたね。いま水中にすごく良い雰囲気を感じるので、日々の新着ネタがとても気になります。去年とは大違いよ(゚∀゚)

[edit]

超ベタ 

7月29日(水)

薄曇り 気温30℃ 水温17~24℃ 透明度10強~15m 良好

これ以上はたぶん無理ってくらいベタ凪でした(゚∀゚)ベーター 浅場の水がキレイになってきましたね。この水温でこれだけ抜けてれば言う事なしだと思います。

1507291.jpg

なかなかクリアさせてくれないバラナガハナダイですが、初めて婚姻色が出た状態でシャッター切れました。まだかなり残念な感じは否めませんけど、とりあえず一歩前進。ここから更に間尺を詰めるのが難解・・・と思いつつも、少しコツが分かってきた気がするので、まだ諦めないで挑もうと思います。冷水の恩恵が得られれば一撃という気もしますが、そんなに深くないというのが逆にハードルを押し上げてるんですよねぇ。
どーでもいいんですけど、ナガハナダイの雌達に求愛してる姿が何だか切ないです、コイツ。

1507292.jpg

ウミテングのあくびって初めて見たのですが、何だか今日は何度も連発してました。口の造りがいかにもベントスって感じですねー。

1507293.jpg

今年は数が少ないという印象を持ちながらも、この時期はちょくちょく目に入ってくるナンヨウミドリハゼ。真冬は全身が出てる事が少ないので、やっぱり観察には夏場が適してますねー。


[edit]

曇り空 

7月28日(火)

曇り 気温30℃ 水温21~24℃ 透明度10弱~12m 良好

日差しの和らぐ曇り空。幾分涼しく感じるものの、窓の外から聞こえてくる蝉の大合唱は夏そのものですねー。
海況はこの時期らしい良好っぷりでした。

20150728122403782.jpg

クギベラの超チビ。まだ少しスケルトンチックです。このサイズだとまだチョロチョロ泳ぎ回らないんですね。拍子抜けなほど簡単に撮らせてくれました。

20150728122405604.jpg

ウミテング達は通常運転でした。IOPではこれ以上のサイズにはなかなか育ちませんけど、一度くらい鼻がニョキニョキっとなるまで育ってみー@@

20150728122405479.jpg

フトスジイレズミハゼはどの雌も↑みたいにお腹パンパン。産む気満々ですねー。浅場だと揺れて撮るのが大変なので、今日はやや降りた所で狙ってみました。何とかペアで並んでほしかったんですけど、それ以前に雄が一度も出てこなかったw

201507281224063a2.jpg

カンムリベラの子供は少し移動してましたが健在でした。15年位前だと出たら大騒ぎしてた記憶がありますが、今では割と普通なのね@@; 今年もこれからいっぱい出るんかいなー。

201507281224086ca.jpg

今年はミミズハゼ属の稚魚がスーパー大当たりな年でした。クローズ前は数百規模の群れがいくつも見れてましたが、さすがにもう着底する頃なので終わったものと思ってたんですけど、8月も近いというのに今日またオクリダシにポツポツいるんですよ。恐いわー。この調子で来年は親がいっぱい見れると良いんですけどね。少なくともIOPで過去に記録のあるものは全て押さえたいのですが、何せ浅すぎて大変なのです。

[edit]

ギラギラの 

7月26日(日)

晴れ 気温31℃ 水温16~23℃ 透明度10弱~20m 良好

灼熱の太陽。ギラギラの日差し。正に絶好の海日和(゚∀゚)
海況は良好。浅場には温かくい良い潮が入ってきまして、透明度もやや持ち直した感じでしたー。

1507261.jpg
             Photo by あらまき様

オーダーのキシマハナダイ。最近はちょくちょく留守になりがちなのですが、今日は定位置で雌達とイチャイチャしてました@@
キシマを撮るのは初めてとの事でしたが、見事に一撃粉砕。黒抜きで撮るのがちと難しい種なので、見事な仕事ぶりでございましたー。

1507262.jpg
             Photo by あらまき様

新ネタが日毎に増えてますねー。↑今日見つけたシラタキベラダマシ属の1種の超チビ。過去最小記録を少し更新する小ささでした。この流れが止まらないようにどんどん見つけたいものですねー。


[edit]

続々と 

7月24日(金)

晴れ 気温30℃ 水温18~22℃ 透明度10弱~15m ほぼ良好

朝からカラッと晴れて真夏日となりました。台風12号のうねりが入ってきてましたが海況自体はほぼ良好。水中の底揺れはかなりのものでしたけど、エントリー口は比較的静かだったので助かりました。浅場の透明度も少しずつですが回復傾向にあります。

手ぶらのゲストとのんびりがっつり行って参りました。午前中は10ℓでブリマチ散策。最初に見たシロオビハナダイは通常運転な様子でした。その後に見た別の雄が婚姻色バリバリで良い感じでしたねー。婚姻色出してるとすぐに引っ込んじゃうんですけどね。自分がどんだけ狙われやすいド派手な色を出してるか自覚してるんでしょうねー。
クローズ前に見つけたミツボシクロスズメダイの子供が随分と育ってました。早い時期に出たので今後の成長に期待。
昨日ウミテングが出たと聞いたので見せて頂きました。こんな時期に出たのは数年ぶりです@@; 妙な感動がありましたわ。
死滅回遊魚が続々とやって来てますね。小さなツノダシやら、カンムリベラの子供ニセカンランハギの子供ヒメテグリの新着チビ達なんかも今日だけで次々見つかりました。この調子で発掘し続けて去年の鬱憤の晴らしたいですねー。

[edit]

涼しげな 

7月23日(木)

曇り時々雨 気温27℃ 水温18~20℃ 透明度8弱~15m ほぼ良好

時折小雨が降ってくる不安定な空模様でした。お陰でとても涼しげで過ごしやすい一日でしたね。
南風が若干回り込んできてエントリー口は少しだけナミナミした様子だったものの、海況は問題なく良好。水が冷たくなってましたが、透明度はちょっと良くなってた気がしました。周りの人からは気のせいだって言われましたけど@@; 
台風の予想進路が当初より随分と西へずれて来まして、この分だと今週末は影響を受けずに済みそうです(゚∀゚)

1507231.jpg

バラナガハナダイって個人的にIOPではおよそ15年ぶりなんですよ。銀塩の写真すら持ってなかった訳でして、長らく雌伏の時を過ごしてきました。とりあえず証拠写真でも何でも良いから残しておかないと、ってな事で、コンディションがちょっとアレでしたけど駄目モトで狙っていきました。
今日の天気と浅場の濁りから予想通りの暗さで、ハナダイ達はみんな水底付近に降りちゃってましたけど、一つの群れの中で何とか見つける事ができました。最初から思いっきりノーマルな体色でしたけど、とりあえず撮れたので良かったです。
「あの魚影の中じゃ婚姻色が出てないと見つけられないよねー」っていつも話してたんですけど、割としっかり認識できたので今後にも繋がりそうです。IOP産のバラ、皆様も狙ってみて下さいー。

[edit]

そよそよと 

7月22日(水)

晴れ 気温30℃ 水温20~23℃ 透明度5~12m 良好

昨夜からそよそよと良い風が吹いてまして、夜中は寒くて目が覚めてしまい、慌てて窓を閉めました。風邪なんか引いたらたまりませんもんねー。今日も真夏日でしたが、窓を開けてると屋内は実に涼しくて過ごしやすい一日でした。毎日こんなんだとあり難いんですけどね@w@
海況はすこぶる良好。予想してた通りに浅場の濁りが進行してしまいました。ちょっと降りれば抜けてくるから、まぁそれ程問題ないかな?上のほうは24℃近くまで水温が上がってました。

1507221.jpg

いつもより遅い時間に潜ったのでムスメベラの産卵が見れましたが、ちょうどサーモクラインがビンゴの場所でして、全く撮れませんでしたw んで下を見たら↑チビヌメリ雄が良い色を出してました。最近は昼間から盛ってる雄をちょくちょく目にします。コイツの産卵をいつか見てみたいなー。

1507223.jpg

長期クローズの前はコブダイの子供があちこちで見れてましたね。残った個体はもう3cmほどにまで育ってます。成長が早いなぁ。もうすぐ泳力がついてどこかに行っちゃうんでしょうね。

1507222.jpg

夏になるとシロギスがちょくちょく目に入ってきます。IOPでは砂地より岩礁域で見る機会が多いので、背景が大体いつもゴツゴツなんですよねー。不本意にここに来ちゃった感がハンパないですw


[edit]

良好~ 

7月20日(月)

晴れ 気温31℃ 水温16~23℃ 透明度8弱~30m 良好

ハンパない日差しでした。海況は日に日に良くなり、今日は良好そのもの。連休最終日にしてようやくまったりモードになりました(゚∀゚) 浅場の濁りがやや進行してました。快晴が続くと更に落ちそうで恐いですー。その前に沖から良い潮入ってこないかなー。

1507201.jpg
             Photo by やなぎ

先月バラナガハナダイを見つけたのをすっかり忘れてましたが、今日健在なのが確認出来ました。見つけた時は婚姻色バリバリなんですけどねー、すぐに褪めてしまうから厄介です@@; ビュンビュン泳ぐんでシャッター切るのすら困難なのですが、↑しっかり横から撮って下さいました。うーむ、後に続きたいなぁ。

1507202.jpg
             Photo by やなぎ

そろそろソウシカエルアンコウも終わりの時期ですけど、下が冷たいせいか今日は元気なのが見つかりました。相変わらずデカくて、見た気がしますねー。


[edit]

徐々に 

7月19日(日)

曇りがち 気温28℃ 水温18~22℃ 透明度8~20m ほぼ良好

実に過ごしやすい一日でした。海況も徐々に回復傾向。底揺れはまだ随分と残ってましたが、エントリー口はだいぶ穏やかになりました。水は若干緑っぽさを含んでまして、早いとこ入れ替わって欲しいですねー。

1507191.jpg
             Photo by やーた様

何だか寝ぼけた様子のカスザメがいまして、大きなあくびを2回もしてくれるサービスっぷり。↑同時にこの真正面からビデオを回してたゲストがいましたが、後で映像を見せて頂いたら実にエグい事になってました。見てはいけない部分を見てしまったw

1507192.jpg
             Photo by やーた様

マツバスズメダイがヤギに産卵しててビビりました@@; こんな所で産んじゃうなんて、何ともセンスの良いペアです。こんな事もあるんですねー。産み付ける面積が少なかったせいか、必然的に産卵時間が短かったのが実に残念。



[edit]

何とかオープン 

7月18日(土)

晴れ 気温28℃ 水温18~22℃ 透明度8弱~20m 潜水注意

9日間のクローズが明け、久し振りにオープンとなったIOP。開いたとは言っても午前中はウルトラハードなコンディション。かなり涙目な海況でしたが、夕方には随分と落ち着いてきたので、明日は注意も出ないんじゃないかと思います。うねりのせいで浮遊物が多く、透明度もいま一つ奮わない様子でしたが、これも明日は幾らか良くなってるんじゃないでしょうか(゚∀゚)

水中の様子を一通り見てきました。砂地のダメージは相当なものでしたけど、岩礁域はオクリダシ以外はそれほど変化がなかったので安心しました。底揺れが収まれば新着の小物も見つかり出すんじゃないですかねー。先日までの雨の影響なのか、エントリー口にヒイラギが群れていたのが印象的でした。

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ