05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

下も回復傾向 

6月30日(火)

曇り時々晴れ 気温24℃ 水温15~22℃ 透明度10~15m 良好

時折晴れ間が覗く、思いのほか良い天気となりました。海況はとても穏やかな良好具合。最近は下へ降りるほど濁っていく涙目な透明度が続いてましたが、今日は深場もかなりの抜け具合でして、妙に感動してしまいました(゚∀゚) 浅場の水温は午後に22℃を指してましたー。

1506301.jpg
             Photo by のむら様

下が冷たくてニゴニゴな日々が続いていたので、今日もブリマチへ行くのは正直気が重かったんですけどね、回復していてホントにホッとしましたよ。まだ本調子じゃありませんが、これだけ見えてれば十分普通に潜れるってモンです。ゲストの方々も遠路はるばるやって来た甲斐がありましたねー。
オーダーのイトヒキハナダイ。↑去年生まれた若ですね。そこそこ個体数が多いです。美しい一枚を頂きました。鰭の色味が絶妙です。余計な技に走らず、素材の良さを存分に引き出したって感じですかねー?一言で言ってやられました。

1506302.jpg
             Photo by つづき様

ついでに同属のキシマハナダイも寄ってきました。IOP産は発色が良いと言って頂けたので何よりです。↑コンデジのノーマル装備でほぼノートリミング。腕前が恐すぎてもうコメントが思いつきません( ;゚д゚)コン・・・デジ・・・

[edit]

海を泳ごう2015 

6月28日(日)

晴れ 気温28℃ 水温19~21℃ 透明度12~15m 良好

快晴。心配していた海況はずっかり収まって久々のベタ凪となりました。おまけに水まで良くなってました。この上なく最高のコンディションで「海を泳ごう2015」を迎える事ができましたー(゚∀゚)

1506281.jpg
             Photo by もん様

ホントに素晴らしいコンディションでした。深場を横断する所以外はずっと水底が見えてまして、普段見ることの出来ない巨大な根が次々と目の前に現れてきて皆で大興奮w
泳ぎながら地形の説明をしたりサカナやサンゴなんかも指しながら、遠泳、ジオガイド、フィッシュウォッチングと盛り盛り楽しむ事ができました(゚∀゚) 個人的にはトビウオの群れに心を奪われてしまいました。↑は吊り橋と門脇灯台前。観光客と手を振り合ってきました。
今回は200名近い過去最高の参加だったそうでして、その中で完泳率99%というのは見事ですねー。大会運営の皆様、ご苦労様でした。参加された皆様、ありがとうございました。
次回は秋に開催です。またさかなやチームも参加しますので、皆様のエントリーをお待ちしております。ホントに楽しいですよ(゚∀゚)アヒャヒャヒャ

[edit]

うねりが 

6月27日(土)

曇り 気温25℃ 水温18~21℃ 透明度10~15m ほぼ良好のち潜水注意

今日は危うい海況になるかも、と予想してましたが、朝は拍子抜けなほど穏やかでした。それでも徐々にうねりが増して行き、昼頃にはそれなりにザッパンザッパンと来てました。エキジット口はけっこう大変な様子になってましたね。それでも透明度は良くなってまして、水の青い水深帯が増えてました。

1506271.jpg

前もってゲストに日を変えて頂いたので、気楽に1本だけ潜ってきました。やっぱり底揺れもかなりありましたねー。
トビヌメリのバトルが熱かったです。IOPではとても数の少ない種でして、本種のバトルは初めて見ました。内湾のポイントでは普通なんでしょうけどね、↑みたいな体色も初めて見ました@@ 

さぁ、明日はイベント日です。夜から期待通りに南西の風がビュービューになってきました。期待しちゃうよー(゚∀゚)


[edit]

梅雨らしい 

6月26日(金)

曇りのち雨 気温23℃ 水温17~21℃ 透明度10m 良好

いかにも梅雨らしい空模様でした。予報より早く降り出してしまいましたが海況は良好。浅場の水温がジワジワ上がってきてるのが嬉しいです。あとはもう少し浮遊物が減ってくれると良いですねー。

1506261.jpg
             Photo by やーた様

ミエコさんにお呼ばれされて見せて頂いた↑チャガラの若魚。うおぅ、IOPでこんなにデカいのは15年ぶりくらいでしょうか?稚魚は毎年のように見かけますが、外洋のIOPではこんなに立派なのは珍しいのですー。もう一回り大きくなると更に色味が増すと思いますので、スクスク育ってほしいです。

1506262.jpg
             Photo by やーた様

イバラタツは危うい場所ながらも安定した様子で何よりです。長期間見れた試しがないので、是非とも長いして頂きたいですねー。

[edit]

回復傾向 

6月24日(水)

晴れ 気温26℃ 水温18~20℃ 透明度10弱~15m ほぼ良好

今日もカラッと晴れて夏日となりました。ねちっこくうねりが残ってるものの、海況はまずまず良好。透明度が回復傾向でして、日に日に良くなって来てます。浮遊物は依然として多めですけど、水自体が青々として来ました。元気に3ダイブ行って参りましたー(゚∀゚) 

1506241.jpg
             Photo by ざる様

一番近場で見れてるシロオビハナダイを訪問してみたら・・・
↑辻斬りにでも遭ったかのように背中がバッサリ斬られてる@@; かなりビビりました。何とか治りそうなので、お大事にして下さいませ。

1506242.jpg
             Photo by ざる様

キビレヘビギンポは今日も好調でした。けっこう無理な姿勢を強いられる場所なので、うねりも相まってゲストは体を固定するのが大変そうでしたが、最後にはがっちりキープできるようになってたので次回は楽勝でしょう(゚∀゚)

1506243.jpg
             Photo by ざる様

巷で評判のイバラタツを見せて頂きました。こんなに近場で見たのは初めてかも。小振りでしたがキレイな個体でした。一日でも長く見れると良いですねー。



[edit]

快晴~ 

6月23日(火)

晴れ 気温25℃ 水温18~20℃ 透明度5強~12m ほぼ良好

予想外にスッキリした良い天気になりまして、何だか得した気分でした。海況は昨日と同じような感じでしたが、何故だか水中の揺れは今日の方が大きかったような気がしました。水が少し良くなってたのが嬉しかったですー。

1506231.jpg

今日もアオサハギの産卵狙いで行って来ました。↑昨日と同じ雄ですけど、場所が少し変わっただけで何のアクションもなしw まぁ元々駄目モトで行ってるから良いんですけどね。ここまで露骨にやる気ない様子だと逆にスッキリします(-.-) 今週はもう狙いに行けそうにないので、また来週に時間があれば懲りずに行ってみます。。。
この後にカワハギの産卵はあっさり見たんですけど、このハードルの高さの違いに燃えちゃうんですよねー、アオサハギ。

1506232.jpg

この1ヶ月間ハナタツの繁殖を追っているので、ほとんど毎日のように人知れず1番周りばっかり絡めて潜ってるんですけどね、↑は先の日曜日に見つけた3匹目の雄。個性的で識別しやすいヤツです。て事は、近くにまだ知らない3匹目の雌も居るんでしょうね。昨日は定位置に雄ばかりが3匹と、雌が1匹戻ってきてましたけど、今日はまた雄だけでした。コイツらの社会構造って個人的に不思議がいっぱいなんですよねー@@
次回の産卵はいい加減押さえたいんですけど、運の要素も強いからなー。週末の早朝とか見に行けない時に産むのはもう止めてねw

1506233.jpg

キビレヘビギンポって生息環境がヘビギンポと思いっきり被ってるもんだから、繁殖期の今時分はいつもヘビギンポにどつき回されてるんですよ。体の大きさが2倍ほども違うので無理もないんですが。
ところが今一番注目している↑の雄、ヘビギンポと果敢に闘うんですよ。昨日もそうでしたが、今日は一段と激しくやり合ってました。動きが速過ぎてとても撮れませんが、もう熱すぎて産卵とかどーでも良くなってくるw 今後も大いに争ってほしいものです。異種間の闘いってなかなかありませんよねー。


[edit]

晴れましたー 

6月22日(月)

晴れのち曇り 気温24℃ 水温19~20℃ 透明度5弱~8m ほぼ良好

午前中は久し振りによく晴れてました。海況は昨日よりも更に落ち着きを取り戻し、水中の揺れはまだけっこう凄かったんですけど、今日は潜水注意も出ませんでした。浅場の水温が跳ね上がってましたが、濁りが一層深刻になってまして・・・すごい白濁した感じなんですよねー。浮遊物も多いです。
まぁ夏を迎える前の儀式みたいなものなので、とりあえず良しとしましょう。マクロに集中してればそれ程気にもならないし(゚∀゚)

1506223.jpg

アオサハギの産卵を狙って、いつもとは時間をずらしてエントリー。今年は近場で良い感じの雄が見つからないのがツライです。今日は2番の手前まで行ったのですが・・・↑何のドラマもない通常運転(´・ω・`) ま、そんなに簡単に見れるものでもないので、明日も引き続き狙ってみますー。

1506222.jpg

昨日コブヌメリの闘いを見たのですが、今日も2箇所で雄共が闘ってました。今期はこれまでのバトル遭遇率が異常に高いんです。何なんだろうかと最近思ってたのですが、そういえば今年は大きい雄がほとんど居ないんですよね。一気に世代交代が進んだのかいな?そんで若い雄達が覇権争いをして、そこら中で鼻息荒くしてるって事なんでしょうか?
なんにしても、↑みたいな体色はバトルの時にしか発現しないので、今年は転石砂場に行く時は僕も鼻息が荒くなってしまいます( *`ω´)ムッフー  ヤマドリみたいな大きな背鰭は持ってませんけど、魂が抜けちゃったような普段の体色からは想像もつかない色合いにギャップ萌え。

1506224.jpg

噛み付きも割と容赦ないしー@@;

1506221.jpg

先週あたりからオクリダシ周辺ではキビレヘビギンポが盛り始めました。今日も雄が婚姻色出して腰をフリフリしながら求愛してました。ヘビギンポみたいに産卵時間が長くないので中々産卵は見れませんけど、この時期オクリダシに戻ってきた時には毎回チェックを入れたいところです。

[edit]

ようやくオープン 

6月21日(日)

曇り時々雨 気温22℃ 水温16~18℃ 透明度5~8m 潜水注意

今日もどうなるか分からない感じでしたが、潜水注意で何とかオープン。けっこうハードなウネウネ具合でしたけど、昨日の荒れっぷりからするとホントに静かになりましたw 陸からの見た目通りに水中はかなりニゴニゴな様子。浮遊物がとにかく多かったですー。

1506211.jpg

ホンベラは毎日規則正しい時間帯で盛るので、狙って行くには格好のターゲット。水があと少しだけ抜けてればがっつり刺されるんですけど、こればっかりは実際に潜ってみないと分かりませんもんね。

1506212.jpg

ホオジロゴマウミヘビも求愛の雰囲気だったんですけど、寄りすぎて警戒させてしまいました。でも寄れないと撮れないしで、かなり悩ましい展開でしたね、今日のコンディションは。↑この上なくボーっとしてるように見えますけど、彼ら的にはメチャ熱い瞬間のはず。。。(-.-)

1506213.jpg

イネゴチ。こちらも求愛。本種の求愛は初めて見ましたー。ヌラーっと擦り寄っていくだけのコメント殺しな動きでしたけど、とにかく初モノだったので嬉しかったです(゚∀゚)


[edit]

台風並み 

6月20日(土)

曇り 気温21℃ 潜水禁止

今日辺りは微妙な海況かと思ってましたが、お話にならない荒れっぷり。
午後見に行った時にも何も変わってない感じでして・・・・・・
もう台風並みの荒れ模様@@;

これでクローズ3日目。いやぁ今回は完全にやられましたねー。

[edit]

ナライ 

6月19日(金)

雨 気温20℃ 潜水禁止

朝からナライがビュービューでして、起きた瞬間にクローズと分かりましたw 午後に見に行った時も相当の荒れ模様でしたが、明日はどこまで落ちますかねぇ。

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ