11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

けっこう大荒れ~ 

12月30日(火)

晴れ 気温8℃ 水温15℃ 透明度15m 潜水注意

昨日の午後からうねりが大きく入り始めて、今日もけっこうな荒れ具合なのでした。時折鳴り響く波の重低音が、いかにもIOPらしい感じ。水温がやや持ち直し気味です。特に浅場は15℃後半って、何これ地味に嬉しい(゚∀゚)

1412301.jpg

カタボシオオモンハゼってえらくシブいサカナですけど、こんな時期に大きめのが見つかりました。こっちではかなりのサイズだと思います。寒いのでほとんど動くことは無く、最初から最後までボーナスステージでしたー。

1412302.jpg

今年はやたらと数の多かったカンムリベラ。オクリダシでまだ小さいのが2匹頑張ってます。越冬する個体もいるので寒さには強い種なのですが、年末に1cmのチビなんて中々見かけませんよねー。

1412303.jpg

キハッソクも消える消えると思っていたら年末まで来てしまいました。ここまでの長期滞在は初めてです。今年はサカナが少なかった中で、コイツは近場のオアシスでしたw



[edit]

餅つき 

12月28日(日)

晴れ 気温8℃ 水温14~15℃ 透明度15~20m  良好

快晴。海況良好。今日はIOP餅つき大会。最近はイベント日にクローズしませんなーw 水温もやや戻り気味で良い感じでしたー(゚∀゚)

1412281.jpg
             Photo by やーた様

サンカクのオーダーで久々に行って参りました。やっぱりここの景観は他とは次元が違いますねー。竜宮城とはこういう所か、と。魚影もさすがにハンパなく、ミチヨ大先生にスミレナガハナダイのサロンパス出てるのが居ると聞いてましたけど、サカナ多すぎて訳分からんw
シロオビハナダイカシワハナダイなんかを中心に見てきましたが、やはりサンカクは↑スジハナダイが美しいです。

[edit]

ザブザブでしたー 

12月27日(土)

晴れ 気温8℃ 水温14℃ 透明度15~20m ほぼ良好

快晴。風向きがナライになってしまい、注意が出るほどではないものの、エントリー口はけっこうザブザブした様子でした。海はそれほど混んでませんけど、年末とあって国道がかなりの交通量ですねー。

1412263.jpg

C沖へ。今のところ徹底して同じ場所だけに行ってます。今日は↑シキシマハナダイの群れがまったりしてました。この深度でこれだけの数が見れたのはオイシイかもー(゚∀゚) 1箇所でこれだけ色々なラインナップが並ぶのは見事ですけど、逆に考えると安定感が無いかも。ここで固いネタが一つ二つ見つかると磐石なのですが。

1412262.jpg

最近オクリダシで気になってる不屈のベンケイハゼ。引っ込まないどころか、こっちの事なんかお構いなしにピョンピョン飛ぶもんだから、思わずグッサリ。ペアで出てる時もありますわー。

1412264.jpg

同じくオクリダシで地味にブームになってるのがソラスズメダイ。とても良い練習台になりますー。



[edit]

ザワザワ 

12月25日(木)

晴れのち曇り 気温10℃ 水温14℃ 透明度12強~20m ほぼ良好

昨夜の暴風は、一体何事?ってくらい凄かったです。今日はさぞかしベタ凪だと思っていたら、何だかザワザワした感じの拍子抜けな展開。まぁ注意が出るほどでは無かったので問題ありませんけど。それにしても、水温低下に歯止めが掛かりませんねぇ。下がり方が鬼すぎますー。

1412251.jpg

ミチヨ大先生とC沖へ。
アカオビハナダイ雄がようやく雄っぽく撮れました。今日の狙いはこれじゃ無かったんですけどねw 前にも書きましたけど、けっこう攻略が大変でして、ストレスを与えると雌っぽい色になっちゃうし、それでいて他のサカナ達のガードをこじ開けないといけないしで、状況がかなりの修羅っぷりです。おススメはしませんが、腕に覚えのある方は是非どうぞ(`・ω・´)

1412252.jpg

同じ所でコウリンハナダイ雄。アカオビとコウリンのコロニーがほぼ被ってるのはマニアにはたまらん光景かも。でもこの雄は行動範囲が広すぎて、いつも会える訳ではないんですけど。

[edit]

穏やかでした 

12月24日(水)

晴れ 気温9℃ 水温14~15℃ 透明度20弱~30m 良好

今日も快晴でポカポカと暖かな一日でした。海況はベタ凪の良好。水温がまた地味に落ちてましたが、年内にどこまで行くつもりなのさー?

1412241.jpg
             Photo by ざる様

ヒノマル(イズハナダイ属の1種)
今日は芋蔓式に3匹見つかりまして、けっこうまったりな様子で撮らせてくれました。落ち着いた仕事ぶりできっちり完結して頂きましたー(゚∀゚)ナーイス

[edit]

ほぼ良好~ 

12月23日(火)

晴れ 気温10℃ 水温15℃ 透明度15m ほぼ良好

まずまずの快晴。風が弱まって暖かな一日でした。少しうねりがあったものの、海況はほぼ良好。良いコンディションでございましたー。

1412231.jpg
             Photo by すずき様

季節モノのクリスマスツリー見物へ。今日あたりは大渋滞を覚悟してたのですけど、まさかの貸し切り状態w 今年は設置してから海が大荒れしてないので、飾りつけもキレイに残っていて見事でしたねー。

1412232.jpg
             Photo by やーた様

IOPではあまり出ないアオスジテンジクダイ。水中では気付きませんでしたが、尾柄が黒斑になってる別タイプのようです。消える前にもう一度しっかり見てこよっと(゚∀゚)

[edit]

割と大荒れ~ 

12月21日(日)

晴れ 気温12℃ 水温14~16℃ 透明度15~30m 潜水注意のちEN/EX注意

快晴。思いっきりうねりが回り込んで来ちゃいまして、今日は潜水注意。午前中はかなりハードなコンディションでした。午後になってようやく風が吹き始め、それに伴ってうねりは収束して行きました。巻き上がりが多くて浅場の透明度は落ちてましたけど、海が落ち着けばすぐに戻るでしょうー。

1412211.jpg
             Photo by む~

漠然とハナダイのオーダーでしたので、特に何を狙うでもなく本丸へ行ってみました。
ナガハナダイ変異個体。まだいたのねw 完全に忘れてました。色味がかなりクッキリしてきましたね。てか、体が随分と大きくなっていたのにビックリしました。コイツ自体をあまり重要視してませんでしたけど、改めて婚姻色とか想像すると、思わず鼻息が荒くなってしまいます。

1412212.jpg
             Photo by せーのF様

シロオビハナダイは、いつもと違うオスを見てきました。やや小振りで若い個体です。僕は指しただけで離脱してしまいましたけど、しっかり完結して下さってましたわー。GJ(`・ω・´)シ

1412213.jpg
             Photo by せーのM様

最近定位置で見ているコウリンハナダイ。今日もいつものコロニーを訪問したわけですが、ゲストがその下で別のコロニーを見つけて下さいまして、一人で雄を撃墜って何それw 先日、C沖にも雄が居ましたけど、何個体いるんだコレ???
今日は水中コンディションが良く、見事なハナダイ祭りでございましたー(゚∀゚)

1412214.jpg
             Photo by む~様 

カメと僕。
いつもは割とスルーですが、今日は何故だかやたらと皆さんに刺さって頂けました。コイツは「コケカッパちゃん」かな?個体数が多くて識別しきれませんw

[edit]

朝からシトシト 

12月20日(土)

雨 気温11℃ 水温14~16℃ 透明度20~30m 良好

朝からシトシト降り始めまして、夕方からは本降りに。こんなに降るとは思いませんでしたー。
海況はベタ凪の良好。ジャグジーに入れられた柚子がとても良い香りでした(゚∀゚)

ハナダイ中心のオーダーで、右へ左へと行って参りました。色々と見て来ましたが、あいにくの空模様で水中の暗さは予想通りハンパ無く、何かと苦労しましたねー。

[edit]

ポカポカでしたー 

12月19日(金)

晴れ 気温10℃ 水温15℃ 透明度20~30m 良好

ようやく風が収まりましたね。今日はポカポカと暖かい一日でした。海況良好。冬らしい海の静かな日が続いております。

1412191.jpg

トウカイスズメダイの子供が増えてきました。これからまだ次々出てくるんじゃないかと予想してますが、撮りやすい個体が見つかると嬉しいですねー。

1412192.jpg

何だか見慣れないヘビギンポがいました。水温的にかなり厳しい様子でして、ほとんど動く気配が見られませんでした。せめて年末までは15℃台をキープしてほしいものです(-.-)

[edit]

今日も良好 

12月18日(木)

晴れ 気温7℃ 水温15℃ 透明度15~30m 良好

朝、潜る準備をしようと器材箱を空けたら、BCがカチカチに凍り付いていて萎えましたの巻(´・ω・`)
海況は今日も良好。週末までずっと良いコンディションが続きそうな予報が出てますねー。

1412181.jpg

先日「C沖」でアカオビハナダイのコロニーを見つけまして、そこを攻略しようと通ってる訳ですけど、難易度が高いですな、こりゃ。

1412183.jpg

けっこうバリバリ求愛してるんですけど、寄るとすぐに色が褪めてしまいます。↑同じ個体とは思えないほどの変わりよう。かなり長期戦になりそうですが、今後も根気よく挑んでいきたいです。IOPにこだわらない人は他所で狙った方が楽勝なんでしょうけどw
しかしまぁ、IOPでこんなの狙う日が来るなんて思ってもみませんでしたが、ミチヨ大先生の話では、この先の方に雄はちらほらいるとの事でして、ビッグなポイントになりそうですねー、ここ。アケボノハゼの置き土産はとてつもなく大きなものでした(゚∀゚) 今まで何千本も潜ってた場所の目と鼻の先にこんな所があったなんて、マジでビックラ仰天です。まだ深場には手をつけてないので、今後も何が見つかるか楽しみですー。

1412182.jpg

同じ場所でシロオビハナダイ雌の成魚。ここでは幼魚も含めてチョコチョコ目に入ってきます。こんなに雌が多いのも過去に記憶がありません。うむぅ、アカオビといい、ブリマチには無い特異な環境のせいなんでしょうか。マジで熱い。

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ