05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

すっかり落ち着きました 

6月30日(月)

曇り時々雨 気温24℃ 水温18~22℃ 透明度8弱~12m 良好

時折雨の降ってくる梅雨らしい空模様でした。明日から7月ですけど、もう梅雨明けが待ち遠しいです。
海況はすっかり落ち着いて良好そのもの。潮はドン引きでしたけど、出入りは楽チンなのでした。昨日は23℃後半を記録した浅場の水温が、また22℃台に逆戻り。今日は冷水が相当上まで進出してきて参りました。-6mでヒンヤリしてくるって何それ。

今日はブランク明けのゲストなどお迎えしまして、ごく近場の浅場でゆっくり思い出しダイブ。とは言っても実に達者でして何の問題もなく普通に潜ってましたので、1番の先端くらいまでは行きたかったんですけど、もう寒すぎて無理>< 5mmワンピではハナタツのペアの所が限界水温でした。デカいコブダイカスザメがさくさく見れたのは効率良くて良い感じでしたー。

[edit]

結局。。。 

6月29日(日)

晴れ 気温28℃ ほぼ良好

人騒がせな予報の週末でしたけど、結局蓋を開けてみればうねりも大したことなく、何とも拍子抜けな展開となりました。皆様には日を変えて頂いたりとご迷惑をお掛けしましたが、トホホな土日でございました(´;ω;`)

[edit]

まさかの雨~ 

6月27日(金) 雨のち曇り 気温22℃ 水温16~22℃ 透明度8弱~20m 良好

日中は切ない雨となってしまいました。海況は今日のところはベタ凪の良好。気になる週末の予報ですけど、段々と良くない方向に傾いてきましたねぇ・・・。昼にドン引き干潮を迎えるのが厄介ですなー。

1406271.jpg

アカイソハゼが産卵中のようでして・・・巣穴から顔を出したり引っ込んだりと、何ともせわしない様子。この辺は動画じゃないと全く面白みがありませんねw

1406272.jpg

たまに他の雄が近寄ってくると・・・

1406273.jpg

慌てて出てきて追い払い、巣穴をガード。穴の中が覗けない場所だったのが残念でしたが、まぁ一連の流れはイソハゼの産卵と全く同様ですね。まだまだあちこちで見かける時期ですので、一度じっくり観察してみるとチョコチョコした動きが面白いかもしれません。

1406274.jpg

キビレヘビギンポの産卵を遂に押さえる事が出来ました(゚∀゚)ミチャッタ-
うむぅ、これは・・・動きがかなり地味すぎて・・・いや、無駄な動きが全く無いので、今まで見過ごしてた部分もあるかもしれませんねー。おそらく近辺で繰り返し産むと思いますので、今後も見てみますわー。

1406275.jpg

オトヒメベラの産卵を見に行ったのですが、水中が暗かったせいかシラケきった様子でして、イトヒキベラの闘いに狙いを変更。水温が高くなってきて彼等もやる気が出てきたようです。闘いに夢中になってたので、思いっきり寄って撃墜させて頂きました。

[edit]

今日もベタ凪~ 

6月25日(水)

晴れのち曇り 気温26℃ 水温16~21℃ 透明度8~20m 良好

朝方は風向きが悪くて若干パシャパシャしてましたが、その後はベタ凪の良好に。浅場の透明度は近場はまずまずといった様子。しかし左方面がひどいですねぇ。1本目にブリマチへ行きましたけど、根周りは3mくらいしか見えなくてヘコみました。魚影がやたらと濃いのがむしろ嫌味な感じw

1406251.jpg
             Photo by ざる様

最近なかなか良い海況に恵まれてなかったゲストですが、今日は久々の良好に当たったという事で、逆襲の3ダイブ。
イソカサゴの豪快な捕食ですが・・・喰ってる獲物が気色悪すぎてドン引きとか言ってた割には、やたらとシャッター切ってたのはどういう事ですかw 

1406252.jpg
             Photo by ざる様

今日は産卵ラッシュでした。
通常運転の↑ホンソメワケベラですが、産む直前のペアが目に入ったのでフィニッシュまであっさりゲット。この待ち時間の無さがスタイリッシュで良い具合なのでした(`・ω・´)シ

1406253.jpg

3本目がもう激熱~。
ラテラル・ウェイブ・スィミングをするオハグロベラの雄が居たので少し見ていたら、あっさり産卵しました。こんな時間に見れるなんてお得感いっぱいです。卵もしっかり写ってるし~。

1406254.jpg

3本目の本命はキンギョハナダイでしたが、期待通りの熱さでした。
最初はシラケきっていてヤヴァいと思いましたけど、間もなく突然一斉に盛り始めて↑産卵もそこそこゲットできましたー。時期的にまだ少し早いと思ってましたが、この上ない成果でしたね。さすがにこの時刻は濁りが厳しい事になってましたけど、サマータイムのうちに機会あればまだまだ狙っていきますよー。

[edit]

ベタ凪 

6月24日(火)

晴れのち曇り 気温26℃ 水温16~20℃ 透明度8弱~25m 良好

予報より随分と良い天気になってお得感いっぱいな一日でした。おまけに海況は久々のベタ凪良好。やっとうねりが取れましたー。あとは・・・浅場の濁りが・・・うんアレですね。

1406241.jpg
 
今日は徹底して近場攻め。
今期はあまり注目されてないキュウセンですけど、濁りのせいですかね?大きすぎてマクロレンズだと狙いづらいのが痛い所です。しかし正に旬でして、連日絶好調です。産卵時間にあ合わせて狙うとギラギラですわー。

1406242.jpg

普通過ぎるホンベラも、ここまで背鰭が開くと別モノに見えてくるから不思議です。そこら中で盛りまくってます。

1406243.jpg

フジツボの中のホシギンポの卵。親がちょこちょこ外に出るので見れるのですが、何せ浅い・・・。今日はベタ凪でチャンスだった筈なのに・・・今度は視界モヤモヤで何だかよく分からないw 何とかモヤが晴れる瞬間を狙ってシャッター100回くらい切りまくりましたけど、この程度が精一杯でした。うーむ、ベタ凪に加えて、マックス満潮じゃないと無理だなコリャ(´・ω・`)

[edit]

うっすらと 

6月23日(月)

晴れのち曇り 気温24℃ 水温16~20℃ 透明度8弱~25m 良好

海況はおおむね凪。相変わらずうっすらとしたうねりが残り、普通に潜る分には気になりませんけど、超浅場への進入が阻まれてしまいます。早く真夏モードになりませんかねー。
透明度は昨日と変わらずといった様子でしたが、午後になって浅場の浮遊物が急に増えてきたのが気になりました。

1406231.jpg

今日はポッと時間に余裕が出来たので、定例の縄張り巡回。雄の本能ですねw

↑一番近場で見れるコウリンハナダイ雄。最近は盛りまくって留守になりがちでしたが、今日はいつもの場所でしっとり落ち着いてました。相変わらず撮らせてくれませんけどねー。

1406232.jpg

アサヒハナゴイもこの時期は良い色が出てるので積極的に狙って行きたい訳ですが、コイツも絶妙に的を絞らせてくれないもんだから、何年やっても完結しないんですよ。まぁ挑み甲斐があるとあるとポジティブに捉えて、気長に撮り続けるしかありませんねー。

1406233.jpg

ツルグエのチビ助。今日のは割と大きくて3cmくらい。親は定番すぎますが、ここ数年はチビもよく見つかるようになってます。すぐに引っ込むので速射砲を浴びせないと詰んでしまいます。

1406234.jpg

ナガハナダイの色彩異常個体がまだいました。もう大きさも普通に成魚クラスなので、色彩もこの辺で安定するんじゃないですかね?コイツを引っ込めずに他のハナダイのガードを破るのが勝負の鍵となりそうです。

[edit]

まさかの良好~ 

6月22日(日)

小雨 気温23℃ 水温16~19℃ 透明度8~15m 良好

昨夜は今期初のサンセットダイブでした。終わって店に戻ったら「ナイト」が始まってグダグダになりましたけど、「ミッドナイト」まで行かなかったのは大人の良識w
今日は終日小雨。海がそれなりに荒れる覚悟をしてましたけど、まさかの良好でビックリなのでした。浅場の透明度は昨日よりやや持ち直した感じ。また水温が20℃を切ってしまったのは痛いですねー。

1406221.jpg
             Photo by むー

連日同じ時間帯で見れてたオトヒメベラの産卵でしたが、今日も同じ時刻を狙っていったら全くの不発。生態観察はホントに難しいですねー。
途中からイトヒキベラに切り替えましたけど、こっちの方が元気良くてまずまず刺されましたー。

1406222.jpg
             Photo by もん

昨日は見事に外したナベカでしたが、今日は最後の最後に見つかりました。また全然違う場所で見つかりましたけど、先日のと同じ個体なんですかねぇ?それにしてもピロピロとよく泳ぎます。メシマウバウオと並んだ瞬間はボルテージMAXに盛り上がりましたが、完結できなかったのが残念。海況は良好でも、コイツを相手にするには厳しすぎる海況でして、皆様ど根性で撮ってましたわー。 

[edit]

今日も大荒れ 

6月20日(金)

晴れ 気温26℃ 潜水禁止

1406201.jpg

昨日は散々な目に遭いましたけど今日は大丈夫だろうと思っていたら、普通に大荒れって何それ。半年振りにいらしたゲストは、結局とんぼ帰りになってしまいました。
写真は16時現在の様子。ほぼ良好というところまで収まってました。普通に考えれば明日は問題ない筈ですw

[edit]

大荒れ~ 

6月19日(木)

晴れ 気温26℃ 水温15~20℃ 透明度8~25m 潜水注意のち潜水禁止

思いのほか良い天気となり、休憩中に昼寝してたゲストが真っ黒に焼けててビビりましたw
海況の方ですが、台風の残骸にやられました。朝は潜水注意でオープン。その後は横ばいもしくは収まってくるのを期待してましたが、逆にうねりが増してきてしまいました。
僕らが早めに2本目エントリーして間もなく超荒れモードとなりクローズ。戻ってきたらもうエキジット口は阿鼻叫喚w 百戦錬磨のニークラさんでさえ手こずってましたわー。
水中もウネウネ、モヤモヤ、巻き上がりと、写真がかなり厳しい状況でしたので、本日のログはこの辺で。
ゲストとベラの攻略法は確認したので、次回のリベンジに期待してますー。

[edit]

見えるぅぅぅぅぅ 

6月17日(火)

晴れのち曇り 気温24℃ 水温18~20℃ 透明度8~20m 良好

素晴らしきベタ凪。早朝で入った時には昨日と同じく非常に残念な透明度だったのですが、間もなく激しく潮が動き始め、見る見る視界が開けてきました。おぉぉぉぉ久々に浅場が抜けてるぅぅぅ!潮の入れ替わりを目の当たりにしましたが、いい加減これをキープしてほしいモンですねー。水温ががっつり下がりましたけど、これだけ見えるなら受け入れます(゚∀゚)クリーア

1406171.jpg

こんだけ見えればこっちのモンよー、ってな事で、先日までは見つからなかったオセラータもあっさりゲット。最後に見た時より色が落ちてたのが残念でしたけど、水温がグングン上がるこれからの時期に期待しましょう。
今日は潜る時間帯が微妙すぎてベラ達の産卵が狙えませんでしたが、この水なら熱い空中戦もできますよねー。

1406172.jpg

アカイソハゼが今日も闘ってました。吼えてましたよー。うーむ、よく考えると、この「魂の叫び」はハゼ達の持つ大きな魅力の一つなんでしょうね。顎がマックス膨らんだのも狙いたいところです。 

1406173.jpg

ナベカ キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!!!!!!!
遂に出しましたー。探し始めてから7~8年は経ったような気もw 先日富戸に出向いて勉強してきた甲斐がありました。2本目もほぼ同じ場所に居たので、あとは別の個体が見つかるかどうかですねー。ベタ凪で潮があまり引いてないのが観察条件ですわー。
まぁ、熱川辺りに行けばうじゃうじゃ見れるそうで、そういう場所へ行けば手っ取り早いんでしょうけど、僕はIOPでないと気が済まないのです。今日は満足しました。

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ