06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

zzz・・・・・・ 

晴れ 気温30℃

本日店休日也。

[edit]

夏休み 

曇りのち晴れ 気温30℃ 水温20~26℃ 透明度12~15m 良好

世間は夏休みに突入してるんですね。園内は家族連れの海水浴客も多く見られます。海況は今日も良好。浅場の水温は遂に26℃を突破。順調な上がり具合です。20℃の潮は-25m辺りまで上がって来てましたね。その下には降りてないので恐怖の16℃の潮はどこまで来てたか分かりませんけれども~^^;

7301.jpg

ニラミギンポのスーパーサイヤ人が今日は調子良く見つかりました。何だか思ってたより広範囲を動いてまして、こりゃなかなか見つからん訳だわー。ちょっと甘く見てましたね。それが分かったとしても、カイメンの上とかで休憩中だと探すのが大変です。狙うならかなり余力を残して挑んだ方が良さそうですねー。

7302.jpg

去年はあれだけ大騒ぎしてたヌノサラシも、さすがに1年以上過ぎると世間からスルーされがちにw まぁ無理も無い話ですが、近場だけで現在何個体が健在なんですかね?↑は一番大きいヤツですが、マジでデカくなりましたね、コイツ。この先どこまで行くのか、もはや興味はその一点のみですw  

[edit]

小雨~ 

小雨 気温24℃ 水温19~25℃ 透明度12~15m 良好

小雨がしとしと、湿度は高いのですが程好く風が吹いて実に過ごしやすい日和でした。海況は良好。冷水は相変わらず落ち着き無く上下行してました。まぁ上と下の温度差が10℃近くもあれば強烈に流れるのも無理ない話ですが、岸壁付近であれだけ潮が速く動くのが凄いですわー。

7291.jpg

流れを嫌って、ごく近場のなるべく浅場だけで行って来ました。色んな産卵とか、撮らなきゃいけないのが結構溜まってるから丁度良い機会でしたわー。
ムスメベラはぼちぼち産卵が収束しそうな気配ですけど、今日もきっちり安定した時間帯で産んでました。
前にも書いたような記憶がありますが、本種の一連の産卵行動は実に美しい。雄の動きに気品があるんですよね。多くのサカナに見られるようなガツガツした求愛ではなく、スマートに雌の傍に寄って行き、その流れの中で産卵まで達してしまうという、無駄のない所作・・・・・・クリーナーなので産卵上昇もゆったりとして、エレガントに全てが終わる・・・うーむ、これは何度見ても素晴らしいですわー。

7292.jpg

10分ほどの間に4回ほどポンポン上がってしまい、通常ならこの上なく効率的でガッツポーズなのですが、コイツに限ってはもっと時間を掛けて見せて欲しいw あくまで個人的な感想ですが、ベラの中で最も華麗な産卵を見せてくれるのは間違いなくムスメベラですねー。と、自己満足度マックスなのでしたw

7293.jpg

午後はタヌキベラの産卵を狙っていきましたが、こちらは時間帯にややムラがあって今日は撃沈>< 微妙に深いから長時間待てないのが辛い所です(´・ω・`)
仕方ないから↑ホンソメワケベラの産卵をザーッと見てきました。人間をナメきってる連中なので、お構い無しにこっちに寄って来るもんだから近過ぎて撮れなくなる(`Д´) ムキー! 付かず離れずの距離を保ちながら狙うのがコツなんですかねえ?そう考えると、かなり特殊な攻略法を要する種だったんですねw

[edit]

何事も無く 

晴れ 気温30℃ 水温16~25℃ 透明度12~25m 良好

久し振りに朝から快晴でした。海況はベタ凪の良好。昨日ほどではありませんでしたが、今日も鬼のように流れてました。潜りが慎重になって思うようなコース取りにならない所が切ないです。まぁ何事も無く週末を終えることが出来て良かったですわー。

7281.jpg
             Photo by ひゃくづか様

水面を漂う浮遊物にイシダイの子供が最近よく付いてます。ベタ凪とはいえ、かなり揺れるので撮るのは難しいんですけど、よくぞやってくれましたわ。背景が珍しくて良い感じw

7282.jpg
             Photo by ひゃくづか様

ベニケロっちも漂ってましたw

7283.jpg
             Photo by やーた様

マジで今期はシュンカンハゼが多いです。実際に撮らせてくれる個体は僅かですが、今日の↑はモデル志望だそうで、次々とポーズを変えながら撮影に協力してくれたそうですw

7284.jpg
             Photo by やーた様

かなり巨大なスケルトン。ほぼ完全体です。海中でこういうのは中々見る機会が無いので、ある意味貴重かと。おそらくアオブダイだとは思いますが、これだけを見てしっかりと種の判別が出来るレベルに達したいものです(-.-)

[edit]

爆流~ 

曇りのち晴れ 気温27℃ 水温16~25℃ 透明度12~30m 良好

すっかり遅くなってしまったので簡単ログで失礼します。
昼からよく晴れ、海況はベタ凪の良好。潮の動きが鬼すぎですねー。特に午後はかなり岸近くでも沖出しが爆流となり、這いながら移動してました。その直後、一気に水温が25℃後半まで上がるとか、潮の入れ替わりがリアルに激しすぎw

[edit]

ベタ凪~ 

曇り 気温25℃ 水温23~24℃ 透明度10~12m 良好

こうも曇天が続くとギラギラの日差しが恋しくなってきます。まぁ過ごしやすくて良いんですけどねー。海況はまったりすぎる程のベタ凪。透明度はいま一つな感じですが、水温が高くていつまでも潜っていられそうな感じですー。

今日はウォッチングなゲストとまったり行って参りました。
ニラミギンポの婚姻色フタイロハナゴイが良い感じでしたねー。クマノミの産卵が始まっていて、キレイなオレンジの卵がビッシリ付いてました。
個人的にはタヌキベラの産卵が激熱でございました~。

週末も海のコンディションが良さそうなので楽しみです。

[edit]

平和ですー 

曇り 気温26℃ 水温16~24℃ 透明度15~30m 良好

海況はまったり良好。今日は冷水が一際猛威を奮っていました。終日流れっぱなし、午前中の浅場は22℃にまで落ち込んでました。下のキレイな水と混ざったお陰で透明度は上がってましたが、流れにだけは気を付けたいところですねー。
今週末もベタ凪っぽい予報が出てるので、海況自体は安心して週末を迎えられそうです~。

7251.jpg

珍しい色合いのイトヒキベラがいました。下半身の色が妙に濃いイレギュラーな個体。この部分が水中でやたらと美しく見えまして、赤い色に興奮するワシは萌え萌えなのでしたw 2本とも同じ場所で見れたのでテリトリーは安定している様子。しばらく観察してみようと思います。

7252.jpg

ホンベラがOリングみたいな輪っかをくぐったら抜けなくなっちゃったみたいw
これが何なのか分かりませんが、どんな偶然が重なるとこうなるんだろw

7253.jpg

後ろから見るとこんな感じ。
一瞬、拘束大好きなドMなベラなのかと思ったのですが、明らかに困った様子で泳いでいたので取り外してやろうかと思ったら、意外と起用に速く泳ぐんだw 網でも持って一旦捕獲しないと外せませんわー、コレ。さて、どーしたもんかのぉ・・・。

7254.jpg

オクリダシで毎日ソラスズメダイの産卵が見れてます。本種がこんなに丸見えの場所で産むのはかなり珍しいので毎日見てるんですけど、色んな雌が次々やって来て産んでいくんですよねぇ。こういう産卵の形態だとは全く知りませんでしたわー。調子の良い日は午前も午後も見れちゃったりします。

[edit]

ベタ凪~ 

小雨 気温24℃ 水温20~24℃ 透明度10m 良好

終日小雨が降り続いていました。海況はベタ凪の良好。潮がドン引きなのがアレですけど。水の色が思わしくありませんねえ。潮が停滞して濁ってる感じです。そういえば今月は一度もクローズが無いんですよね。砂地にはシアノが蔓延し、浅場の岩肌もヌルヌルになってきてます。ちぎれた海藻も多く溜まっているので、ここらで一発大荒れしてリセットした方が良いようにさえ思えてきましたw

7241.jpg
             Photo by ざる様

大きなカスザメと手乗りサイズのヒラタエイ。ヘンテコなコラボに萌えましたw しかしカスザメが多いですねえ。色んな所で見かけますわ。

7242.jpg
       Photo by ざる様

ニラミギンポのスーパーサイヤ人を狙っていきましたが、今日は普通のが数匹ニョロニョロしていただけでした。先日の日曜は絶好調だったのに、いつも思い通りにはいかんですねー。
てか・・・↑何してんのw

7243.jpg
             Photo by ざる様

うちではあまり登場しないベニケロっちw 丸出しの良い場所でした。幼魚の質感のまま大きくなったような個体で、なかなかイケてましたよー。

[edit]

明日は何とか 

晴れ 気温30℃

寝冷えして風邪引きそう何て言ってたらホントに引いてしまいました(´・ω・`)
熱も下がって耳も抜けるようになってきたので、明日は何とか大丈夫だと思います。

[edit]

zzz・・・・・・ 

晴れ時々曇り 気温26℃

本日店休日也。

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ